読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運転免許を合宿で取ろうと思っているなら、ぜひ合宿免許のマイライセンスで!

合宿免許のマイライセンスは全国各地の合宿教習所、自動車学校と提携し、あなたにピッタリの合宿免許選びをお手伝いします。

準中型免許ができることで、普通免許で乗れる車の範囲が影響を受けるってホントなの?

準中型免許 普通免許で乗れる車の範囲 影響

f:id:menkyo_license:20170111232648j:plain

 

今年3月の春休みに普通免許を取ろうと思っているなら、特に1点だけ注意してほしいことがあります。

それは、道路交通法の改正に伴い、普通自動車中型自動車の間に、新たに準中型自動車という区分ができるということです。

 

問題は、準中型免許ができることで普通免許にどう影響があるのか、ってことですよね。

 

準中型免許ができることにより、平成29年3月12日からは普通免許で乗れる車の範囲が狭まり、2トントラック以上は運転できなくなります。

具体的にどう影響があるのかと言えば、これまで普通免許で乗れる車は、車両総重量5トン未満・最大積載量3トン未満までOKだったのが、準中型免許ができる平成29年3月12日からはそれぞれ車両総重量3.5トン未満・最大積載量2トン未満(←2トントラックは2トン以上なので不可)へと範囲が狭まります。

 

普通免許との関係で言えば、平成29年3月12日より前に普通免許を取得した場合は、今と同じように車両総重量5トン未満・最大積載量3トン未満までのクルマ(←2トントラックOK)の運転が可能になるってことですね。

 

でもそんな大きなクルマなんて運転しないよ、って人は特に聞いてほしいんですが、トヨタの商用車で最大級の大きさのハイエースだと、車両総重量が3.3トンくらいになるものもあり、思っていたより影響は身近なんですよ。
さらに、引っ越しのときによく使われる2トントラックは最大積載量が2トン以上となるので、平成29年3月12日以降に取った普通免許では2トン未満の車までとなるため、当然2トントラックの運転はできなくなります。

 

今はそんなクルマなんて運転しないよと思っていても、先の話は分からないですよ。

わたしはクルマの免許をマニュアルで取りましたが、そのときはオートマしか乗らないと決めていました。


ただ、学校の行事で軽トラを運転するときがあって、その軽トラはマニュアルしかなく運転する機会が急に出てきました。また、元々運転するのが好きなので、一度はマニュアルを運転したいという思いが湧いてきて、今乗ってるクルマはマニュアルだったりするので、ほんと先の話は分からないもんですよ。

 

さらに、普通免許で乗れる車に関して言うと、以前引っ越しの時に友だちが手伝ってくれるということだったんで2トントラックを自分で運転して引っ越したこともあるので、そのときは運転できて助かりました。

場合によっては、引っ越しのバイトなんかでは2トントラックを運転する機会もありますから、平成29年3月12日以降に取った普通免許では運転できず、採用に影響が出てくるでしょうね。

 

これまでの話で、準中型免許ができることで、普通免許で乗れる車の範囲がどう影響を受けるのかということがお分かりいただけたかと思います。

 

ただこの話は、別に追加の費用がいるわけでもなく、ただ平成29年3月12日より前に運転免許を取ればいいだけの話です。
普通免許は3月の春休み期間に取ろうって考えてた人は、2トントラックですら運転できなくなる前の、今のうちに普通免許を取られることを強くおすすめします。特に3月は、自動車学校が一番混む時期なので免許を取るのは早いに越したことはないと思います。

 

となると、早く確実に普通免許を取ることができる、合宿免許を選ぶのが最適ではないでしょうか。

詳しくは、下記の合宿免許のマイライセンスの公式サイトをご覧ください。
↓ ↓ ↓